体の内側から生理前ニキビ対策!漢方薬【大黄牡丹皮湯】の効果

体の内側から生理前ニキビ対策!漢方薬【大黄牡丹皮湯】の効果

生理前になると毎回のようにニキビができるとお悩みの方はいませんか?

 

私もその一人で、それまでは調子が良かったのに一気にニキビが増え、再び格闘するパターンを繰り返しています。なので、結局いつまでたってもニキビのループから抜け出せないんですよね。

 

できるものは仕方ないと諦め半分で皮膚科の先生に相談したところ、生理前のニキビに効く漢方薬「大黄牡丹皮湯エキス顆粒」が処方されました。

 

一体どんな漢方薬なのか、私が実感した効果について紹介します。

 

目次

  1. 生理前にニキビができる2つの理由
  2. 「大黄牡丹皮湯」ってどんな漢方?
  3. 大黄牡丹皮湯の注意点と飲んではいけない人
  4. 大黄牡丹皮湯の飲み方と実感した効果

生理前にニキビができる2つの理由

生理はエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの影響を受けて訪れるもので、生理前になるとプロゲステロンが増加してエストロゲンが減り、このバランスの崩れがニキビを招きます。

1:肌の状態が【皮脂>水分】になる

プロゲステロンには皮脂を分泌する作用があり、肌の水分量とのバランスが取れないために毛穴がつまりやすくなってニキビができます。なので、化粧品では保湿を重視して、過剰な皮脂に負けないくらいの水分を補うことが大切なんです。

 

私も生理前になると、これでもか!というくらいにたっぷりと化粧水をメインに保湿をしています。それでもニキビはできてしまうんですよね…。

2:体の内側では老廃物が蓄積する

医師によると、保湿を徹底してもニキビができるのは、PMS(月経前症候群)によるものだそうです。2つのホルモンバランスの乱れによって血行が悪くなって起こる、むくみや便秘がニキビに繋がるんだとか。

 

どちらも老廃物が蓄積され、むくみはターンオーバーを乱す原因に、便秘は毒素が全身を巡って顔に出た結果がニキビとなります。

 

個人差はありますが、多くの女性が生理前になると何らかの不調を感じるPMSは、生理2週間前あたりから開始日まで続きます。この間、体の巡りを良くして老廃物を溜めないことが重要です。

「大黄牡丹皮湯」ってどんな漢方?

 

大黄牡丹皮湯には5つの生薬が含まれており、生理不順や便秘、痔への効果が期待されています。

大黄牡丹皮湯に含まれる生薬と効果

  • 大黄(ダイオウ):漢方の便秘薬に含まれることが多い下剤成分で、抗炎症・抗菌作用、熱を発散させる。
  • 芒硝(ボウショウ):下剤成分で、大黄をサポートする。
  • 牡丹皮(ボタンピ):血行を良くする。
  • 桃仁(トウニン):牡丹皮をサポートして血行を良くする。
  • 冬瓜子(トウガシ):抗炎症作用があり、膿を排出しやすくする。

大黄牡丹皮湯は単に便通を良くするだけでなく、ニキビの炎症を鎮めたり、むくみの改善にも期待ができ、生理前にはぴったりの漢方薬です。

 

私が処方してもらったのは、小太郎漢方製薬の大黄牡丹皮湯エキス顆粒で、効能・効果にはしっかりと「にきび」と記載されていました。

 

ツムラなど、他の製薬メーカーからも販売されていますが、効能・効果に「にきび」とは記載されていません。でも、配合成分は同じなので効果に大きな差はないと思います。

大黄牡丹皮湯の注意点と飲んではいけない人

大黄牡丹皮湯は次のような方にはおすすめできません。

  • 体力の弱い方
  • 妊娠中の方
  • 授乳中の方

大黄牡丹皮湯は作用が強いようで、比較的体力がある方には向いています。下剤成分が含まれているので、他の下剤と一緒には飲まないようにしてくださいね。

 

妊娠中も便秘やむくみが起こりますが、各生薬には微力ながらも子宮を収縮させる作用もあるため、妊娠中の方は飲めません。

 

また、授乳中も下剤成分が母乳に移行するため、赤ちゃんが下痢を起こす可能性があるので注意が必要です。

大黄牡丹皮湯の飲み方と実感した効果

生理前のニキビ対策では、生理予定日1週間前から大黄牡丹皮湯の服用を開始し、夕方の空腹時に飲むことがすすめられています。

 

細かい粒子の漢方薬で見た目は土っぽく、臭いはいかにも漢方薬といった感じです。味は苦みとしょっぱさが入り混じっていますが、まずくて飲めないということはありません。

 

 

生理予定日開始1週間前から飲んで実感した効果がこちら!

ニキビはできたけど小さめ

しっかり医師に言われたことを守って飲みましたが、結局ニキビはできましたね…。でも、今回は毛穴のつまり段階の白ニキビと、小さな赤ニキビがポツポツできる程度で済みました!

 

いつもなら大きな赤ニキビがボコボコとできて、ニキビ跡ばかりが増えていくんです。毎回生理が訪れるたびに悩んでいたので、この程度で済んだだけでも効果はあったように思います。

便秘が緩和された

私は生理前になると必ず便秘になり、腸活をいつも以上に頑張ってみるものの改善されず、刺激が強いタイプの下剤に頼ることもあります。それが、大黄牡丹皮湯を飲んでいる期間は排便があり、便秘で苦しむことがありませんでした!

 

下剤成分を含んでいるためでしょうが、お腹が痛くなることはなく、普通に排便が促されている感覚です。マイルドな効き目の下剤ではびくともしないはずの私の腸が、お腹は痛くないのにしっかり動いてくれました!

ぽっこりお腹にならなかった

便秘とむくみが重なると、私のお腹はたぬきのようにパンパンになります。横から見ると厚みが増していることが分かり、腰回りのお肉が浮き輪のようにボトムの上に乗っかって、いつものサイズがきつく感じるんです。

 

それが、今回はいつもほどお腹の膨らみが気にならず、頑張らないと入らなかったボトムも生理じゃないときと同じように履けました!

 

これは、便秘が解消されたことに加え、血行が良くなったことでむくみがひどくならなかったからかもしれません。

生理が早まった

計算して服用を開始しましたが、今回は予定日よりも2日早く生理がきました。大黄牡丹皮湯は生理不順にも効果があり、生薬の中には子宮を刺激する成分があるからかもしれません。

 

いつものようなPMSがないままの生理だったので驚きましたが、生理前でも不調を感じませんでした。

 

大黄牡丹皮湯を飲んでも多少ニキビはできますが、ひどくならずに済むので、生理前の肌や体の不調対策には良いと思います。たった1週間しか飲まなくて良いという手軽さも魅力的で、私は生理前になったら、また医師に処方をお願いするつもりです!

 

大黄牡丹皮湯は市販薬としても販売されているので、皮膚科に通う時間がないという方はドラッグストアなどをチェックしてみてくださいね。

 

生理前ニキビに関連する記事

生理前の顎ニキビにおすすめ。肌に染みない優しいスキンケア化粧品
エトヴォスの保湿専用セラミドスキンケアの口コミ
富士フイルムルナメアACの口コミ

page top