ニキビ跡を消したい!私が使った薬とニキビ跡美白化粧品

ニキビ跡を消したい!私が使った薬とニキビ跡美白化粧品

ニキビができても、きれいに治ってくれたら良いのですが、ニキビ跡になって困っていませんか?私も繰り返すニキビに悩まされ続け、赤いまだらな色素沈着が広がっています

 

 

メイクで隠せないことはないですが、きれいにしようとすれば時間もかかりますし、すっぴんを晒すことは恥ずかしいです。今回は、私と同じようにニキビ跡を少しでも薄くしたい方のために、皮膚科で使った薬や効果を実感した美白化粧品について紹介します!

 

(written by 管理人ゆき/30代/敏感肌)

私も使った!ニキビ跡には保険適応の薬もある

皮膚科でニキビ跡を改善しようとすると、ピーリングやレーザーなど自費になる治療をすすめられるというイメージがあるかもしれません。私もそう思っていましたが、費用の高い治療の前に保険適応でも改善する方法があることが分かりました。

外用薬

ニキビができているときに使うことが一般的な薬に、実は色素沈着の改善にも効果的なものがあります。それが、過酸化ベンゾイルを配合した薬で、2017年現時点では次の3種類が該当します。

  1. ベピオゲル:過酸化ベンゾイル
  2. デュアック配合ゲル:過酸化ベンゾイル+ダラシンTゲル(抗菌薬)
  3. エピデュオゲル:過酸化ベンゾイル+ディフェリンゲル(ピーリング作用のある薬)

過酸化ベンゾイルは、1本でピーリング作用やアクネ菌を殺菌する効果があり、これまでディフェリンゲルと抗菌薬を別に使っていた手間が省けることから患者としてはうれしい薬です。

 

また、一般的な抗菌薬は使用し続けると、そのうちに効かなくなることがありますが、過酸化ベンゾイルは耐性菌ができにくいというメリットもあります。デュアック配合ゲルはより抗菌作用が高いもの、エピデュオゲルはピーリング作用、皮脂の分泌抑制の高いものになります。

 

こうした特徴から、ニキビに効くのは想像できると思いますが、ピーリング作用以外にニキビ跡に効くイメージはありませんよね。ところが、過酸化ベンゾイルには漂白作用があり、これが美白効果を発揮してくれるんです。

 

薬の注意書きには、『服や髪の毛につかないように注意すること』とあるほどで、小麦などの漂白にも使われているそう。皮膚科の先生によると、薬自体の濃度は低いものの、一定期間使い続けることでニキビ跡の色素沈着の改善に有効なんだとか。

 

というわけで、私も使いたい気持ちは山々でしたが、以前ニキビがひどかったときに使ったら、翌日膿をもった大きな膨らみができて、使用厳禁になってしまいました。なので、過酸化ベンゾイルで治すことは諦めることに。

 

体質によって合う合わないがあり、使用可能かどうかは医師に相談してくださいね。

内服薬

保険適応の外用薬で治療ができない方は内服薬という方法もあり、私が処方されたのはトラネキサム酸とシナールという薬でした。皮膚科の先生によると、劇的な効果はないものの、内服薬では一番効果が高い組み合わせだそうです。

トラネキサム酸

 

トラネキサム酸は美白成分としては有名で、メラニンの生成を抑える効果があることから、シミを改善する化粧品にも配合されています。他にも炎症を抑えたり、止血効果があるため、風邪薬や歯磨き粉にも使われているんですよ。

 

トラネキサム酸は、これから色素沈着がシミになるのを予防したり、ダメージを受けたニキビ跡周辺の血管を強化するため、ニキビ跡に効果があると言われています。

シナール

 

シナールは、ビタミンCとパントテン酸(ビタミンB5)を配合したビタミン剤ですが、メインはビタミンCで1錠中に200mgも配合されています。パントテン酸には皮脂を抑える効果がありますが、この薬ではビタミンCの効果をより高めるものという位置づけです。

 

ビタミンCは美肌に有効と言われる成分で、化粧品ではニキビ用に限らず、美白用のものにも含まれていることが多いですよね。

 

ニキビでは皮脂の分泌をコントロールしたり、炎症を鎮めたりする他、既にできた色素沈着を薄くすることもできますし、予防効果もあることからニキビ跡に効くと言われています。それぞれ単体で飲むよりも、2つの薬の美白作用で相乗効果が期待できるそうです。

内服前後の肌の変化

医師の判断によってどのくらい服用するかは異なりますが、トラネキサム酸やシナールは一定期間飲むと良いそうで、私の場合はひとまず1カ月間服用することになりました。

 

内服前はこんな感じで、濃い赤みが広がっています。

 

 

そして、2週間が過ぎた頃には色味がやや薄くなってきました!

 

 

先生の言ったとおり、緩やかですが効果はあると思います。約2週間でこれなら、残りの期間でもう少し改善しそうな予感。さらにどんな変化があるのか楽しみです!

ニキビ跡を改善するための美白化粧品の選び方

ニキビ跡を薄くするには、皮膚科の薬に頼ることも一つですが、長期的な目で見ると続けることはなかなか大変です。そこで、毎日のルーチンワークとなっているスキンケアでも、ポイントを押さえてニキビ跡の改善を心がけていきましょう。

ターンオーバーを整える美白化粧品を選ぶ

ニキビができる過程でも深くかかわっているターンオーバーは、ニキビ跡の改善にも重要なキーポイント。正常であれば、色素沈着があっても徐々に上へと押し上げられていき、やがて剥がれ落ちてきますが、乱れているといつまでたっても残ったまま。

 

さらに、ターンオーバーが乱れはバリア機能の低下も引き起こし、紫外線などの外部刺激を受けて、ニキビ跡がシミのようになってしまうこともあります。

 

化粧品でターンオーバーを促進させるには、ピーリング効果のあるものを使って、古い角質を取り除くことです。こうすることで、新しい細胞に生まれ変わり、徐々に色素沈着が薄くなってきます。

 

逆に、ターンオーバーが早すぎると角質が未熟のまま押し上げられ、乾燥して再び乱れるという悪循環になってしまうので、バリア機能を強化する保湿もしっかりしてくださいね。

ビタミンA、C、E配合の化粧品を選ぶ

ニキビ跡には美白効果のある成分を使うと良いのですが、普通の美白用化粧品だとニキビがまたできるかもしれませんし、現在できているものを悪化させてしまう可能性があるかもしれません。

 

ニキビができやすい方の場合、美白効果がありながらもニキビ予防や鎮静効果がある、次のような成分を配合した化粧品がおすすめです。

  • ビタミンA:ダメージの修復、ターンオーバー促進、血行促進、コラーゲンの生成促進、保湿
  • ビタミンC:毛穴の引き締め、皮脂のコントロール、抗炎症・抗酸化作用、コラーゲンの生成促進
  • ビタミンE:殺菌作用、抗炎症・抗酸化作用、保湿

紹介した成分は、全て美白効果あり、ニキビ治療のイオン導入でも使われる成分です。3つ全部入っている化粧品でなくても、どれか一つでも配合されているものを選ぶと良いと思います。

効果抜群!ニキビ跡の改善を促すおすすめの美白化粧品4選

私が使って効果を実感したニキビ跡におすすめの化粧品を紹介しますね。もちろん、ニキビにも効果があって、治りの早さを実感できますよ!

ノブACアクティブシリーズ

 

ノブACアクティブシリーズは、ニキビケアをしながら美白もできる化粧品です。

 

全てのアイテムにピーリング成分が入っており、洗顔料のウォッシングフォームはAHAとBHAの2種類が配合されています。刺激が強そうな感じですが、効き目がマイルドなので毎日でも使えるんです。

 

ピーリング効果は抜群で刺激感はないのに、洗顔後はツルっとした肌になり、ターンオーバーが整ってくることが分かります。保湿成分も配合しているので、乾燥することもありません!

 

ピーリングだけでも美白効果はありますが、ノブACアクティブの乳液は、美白成分が豊富に含まれているので併せて使いたい一品。

 

保湿成分として含まれるビタミンC・E誘導体とは別に、美白有効成分として安定性と持続性に優れたビタミンC誘導体が配合されており、この効果をさらに高める乳酸Naによって美白効果がアップ!

 

肌のトーンがアップするだけでなく、色素沈着がシミになるのを防ぐこともできます。

 

口コミページ→

シーボディVCシリーズ

 

シーボディVCシリーズは、ビタミンA、C、Eを洗顔からクリームまで全てのアイテムに配合しています。使っているビタミンCは一般的なビタミンC誘導体の200倍、新型ビタミンC(APPS)の2倍の浸透力がある最新型ビタミンC誘導体(VC200)です。

 

※シーボディでは最新型ビタミンC誘導体をVC200と言います。

 

さらに、ビタミンAとEはそれぞれ単品使いではなく、一緒にした高機能ビタミンA・E誘導体で、ターンオーバーを促進する効果がより高まります。

 

もちろんVC200との相性も良く、美白効果の3大トリオが揃うことで、ニキビの赤みが薄くなり、ニキビ跡の改善も。

 

口コミページ→

リペアジェル

 

リペアジェルはビタミンC本来の力を活かすために、独自の技術でそのままの状態で抽出したビタミンC生命体が使われた美容液です。浸透力はビタミンC誘導体の2倍もあり、シミを薄くする効果は医学誌でも認められるほどなんですよ。

 

リペアジェルの使用量はたった1滴なのに、使っているうちに肌が滑らかになり、ニキビ跡が薄くなってくることを実感できます。

 

また、ビタミンC生命体の他、お米から抽出したコメ発酵生命体も配合され、両者のタッグはコラーゲンの生成を促します。色素沈着だけでなく、使い続けることで凹んだニキビ跡にも効果がありそうな予感がしました。

口コミページ→

エトヴォスバランシングVCクリアジェル

 

エトヴォスバランシングVCクリアジェルは、世界でニキビ治療に使われているアゼライン酸を配合した美容液です。日本では化粧品のみに配合が認められていますが、市販されているものは少ないのでとても貴重。

 

アゼライン酸にはピーリングと美白作用があり、エトヴォスバランシングVCクリアジェルはビタミンC誘導体も配合されているので、ニキビはもちろんニキビ跡にも効果があります。

 

透明ジェルはメイクの上からでもつけることができ、薬のような感覚で気になる部分だけこまめにつけると、徐々に赤みが薄くなることを実感できますよ。

 

口コミページ→

page top